立ち寄りスポット

[]

弘前城(弘前公園)

弘前城(弘前公園)

弘前城は桜の名所

弘前城は、現在の弘前市における弘前公園がそれにあたり、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、二代目信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しました。以後、弘前城は津軽氏の居城として、廃藩に到るまでの260年間、津軽藩政の中心地として使用されました。
弘前城は、東西約600m、南北約1000m、面積約50haの中に、三重の濠(ほり)と土塁(どるい)に囲まれた6つの郭(くるわ)から構成されています。 城内には、天守閣、櫓(やぐら)3棟、城門5棟が残され、いずれも重要文化財に指定されています。また、城跡は築城当初の形態が良くのこされており、昭和27年に国の史跡として指定を受けました。

弘前公園は、藩政時代から引き継がれてきた貴重な文化財が多数存在する史跡。一部有料区域となっています。

お問い合わせ 一般財団法人 弘前市みどりの協会
(tel. 0172-33-8733)
スポット一覧に戻る
ページトップ